FXビクトリーメソッドアドバンスチャートギャラリー 9月29日東京時間AUDJPYの様子

MENU

20150929 東京タイムAUDJPY 30分足の様子

9月29日 東京タイムAUDJPY

 

FXビクトリーメソッドアドバンスのメリットは何度も言っていますが、流れが本当に強い処、強くなりそうなところをピックアップするかのように、短時間でセットアップにおいてスクリーニングできる事にあります。

 

ですので、造作もないことと言えばそれまでなのですが・・・

 

背景を読む…と言ってもトレード可能かどうかFXビクトリーメソッドアドバンスではチェックするにとどまるのですが、それで必要十分です。

 

逆に石橋を叩いて渡るような人は、背景の読み方について同じ佐野さんのマエストロFXの方に詳しいのですが、こちらはセットアップは全くありませんので、背景の読み方だけと精度自体で勝負することになります。

 

つまり、どちらでもいいと言う事ですし、後は確率論になります。

 

負けるときは負けますが、圧倒的に勝つ確率の方が高い分の良い勝負を仕掛けられますからね。

 

佐野さんのいう「後だしジャンケン」の意味が分かればFXは簡単になりますよ。


綺麗な形は伸びるし取れる

東京市時間のAUDJPYですが、キレイなセットアップの形を見て、これは伸びると確信するレベルでした。

 

背景的にもAUDの売り、JPYが買われたことによって、もっともボラティリティのあるペアになっていました。

 

スクイーズからのエクスパンションの連続で下値を切り下げている中での再度のブレイク。

 

テクニカル的にもインジケーターについて全ての流れが整っていましたので、後は安値圏への下値へチャレンジ。あとは利食いどこを探すだけです。

 

時間足上のタイムフレームで見ると,確定してしまえば見えている直近安値を超えてさらなる下値試しというところです。

 

リスクオフ気味な動きですね。

 

そんなことを知らなくてもFXビクトリーメソッドアドバンスのセットアップは淡々と教えてくれます。

9月29日 東京タイムAUDJPY関連ページ

4月1日 欧州タイム半ばユーロ円
FXビクトリーメソッドアドバンス・FXvictoryMethodAdvanceはプロトレーダーである佐野裕さんが監修・製作した、プロトレーダーによる裁量マニュアルです。FXビクトリーメソッドアドバンスは、情報商材の中でも群を抜いて中身が濃く、小手先ではない本当のトレード力をつけます。
5月7日 欧州タイム入りドル円
FXビクトリーメソッドアドバンス・FXvictoryMethodAdvanceはプロトレーダーである佐野裕さんが監修・製作した、プロトレーダーによる裁量マニュアルです。FXビクトリーメソッドアドバンスは、情報商材の中でも群を抜いて中身が濃く、小手先ではない本当のトレード力をつけます。
1月24日 NYタイムドル円
FXビクトリーメソッドアドバンス・FXvictoryMethodAdvanceでの1月24日時点でUSDJPY(ドル円)チャートを見た判断について解説しています。
4月21日 東京タイムドル円
FXビクトリーメソッドアドバンス・FXvictoryMethodAdvanceでの4月21日時点、USDJPY(ドル円)チャート30分足を見た判断について解説しています。
7月11日 欧州タイムポンド円
FXビクトリーメソッドアドバンス・FXvictoryMethodAdvanceでの7月11日時点、GBPJPY(ポンド円)チャート30分足のトレードと判断について解説しています。
1月16日 欧州タイムユーロフラン
FXビクトリーメソッドアドバンスの1月16日時点、フランショックが起きたEURCHF(ユーロフラン)チャート30分足のトレードと判断について解説しています。
8月20日 NYタイムドル円
FXビクトリーメソッドアドバンスの8月20日時点FOMCを超えてからのドル円はFXビクトリーメソッドアドバンスで見るとチャンスでした。
9月24日 NYタイム金
FXビクトリーメソッドアドバンスの9月24日時点のXAUUSD、金のチャートの様子です。 余りにもセットアップとして綺麗な形になっていました。
5月29日 EURUSD(週末)
FXビクトリーメソッドアドバンスの5月29日時点の週末ですが、EURUSD ユーロドルのチャートの様子です。 セットアップとして分かりやすい綺麗な形を作っていましたが、ちゃんとチャンスを把握できていたでしょうか。