FXビクトリーメソッドアドパンスのインジケーターを作る

MENU

FXビクトリーメソッドアドバンスをインジケーター化する

特典を受け取られた方とやりとりしていると、やはり、初心者の方ほど、

 

 

分かり易くインジケーター化して欲しい!

 

なんとかなりませんか?


 

などのご要望をいただく事も多かったのですが、これまでにその必要はないと考えた事や、背景含めて状況を確認した上でのセットアップが提供されているのがこのFXビクトリーメソッドアドバンスですから、趣旨に外れるという懸念もありました。
(そして、何より、FXはスキルで上達するものですから、面倒臭がりで上達を考えない、ただやらない人のワガママにすぎないという思いもありました)

 

しかし、本当の初心者の方のお話しを聞くにあたり、指針としてたくさんチャートをみる事を加速させるためにも、参考書的なものが必要かもね・・という思いに至りました。

 

結局、チャートを見て実際に検証するのが一番な訳ですし、その為に佐野さんのケースタディ動画も山ほどありますよね。
ただ、実際に自分の見ている現在、過去に渡って見ていくという状況で、「この場合はどうなんだろう?」と不安に思う気持ちもわからなくはないのです。

 

加えてこれまでのご要望多数であった事も踏まえ、なるべく元のルールに忠実になるように(そしてさらに勝てるように)プロトタイプのインジケーターを作りました。

 

ここまで来たら、もう、これで過去に渡ってどういうポイントでサインが出ているかを見る事で、

 

「自分ならここで入るかな?」

 

「ここは条件が揃っているけれど、私は見送る」

 

などと、チャートをたくさん見て、見る目を養って欲しいのです。そしてその時間を効率よく加速させて欲しいのです。

 

実際にインジケーター化してみると

やはり、このビクトリーメソッドアドバンスはセットアップパターンとして、ある程度機械的に取ってすら、有効である事がわかると思います。

 

見事なまでに、トレンド方向にしか出しません(逆張り的なロジックは省いてあります)

 

FXビクトリーメソッドアドパンス インジケーター

 

状況の判別として、また、背景の読み込みとして、一瞬の数値的な判別だけではどうしても弾けないところもある事、そして、波形や全体的な形含めて数値化が難しい部分も多いため、まだプロトタイプとしての粋は出ません。

 

しかし、それでも、サインが出ていれば数値的な条件が整った場所がある事は一目瞭然で、全て確定した次の足で出るシステム的な仕様上、前の足で自分はエントリー出来ていたか?また、このサインを読み取れたか?全体や背景を見てここは数値だけにすぎないと看破出来たか、など色々と工夫できるインジケーターになりました。

 

実際に配布した所、非常に好評で感想まで頂いて嬉しい反応もありましたので、これも特典として加えます。
当サイトからご購入された場合には、このインジケーターもつけましょう。

 

その他の特典については特典を紹介したページをご覧ください。

 

MT4をおつかいの方なら簡単に使えるでしょう。配布されているビクトリーメソッドアドハンスのテンプレートファイルに適用して併用しておつかいになられると、さらに加速するでしょう。